モッピー!ポイ活応援ポイントサイト
未分類

Arbitrumにブリッジするには ブリッジ方法 MCDEX やり方 defi

はじめに

ぜっっったいに詐欺サイトを踏まないように、公式から行くのが正攻法です。当然です。

下記Twitterからmediumにいき、公式が案内するブリッジサイトを見つけて和訳しました。当然の動きです。間違ってもGoogleで一番上に来たサイトを使わないでください(99%は問題ないですが…)

Arbitrumへのブリッジの仕方

このチュートリアルは、MetaMaskのようなweb3ウォレットをすでにダウンロードしており、EthereumメインネットのそのウォレットにEthereumまたはトークンがあることを前提としています。ウォレットをお持ちでない場合は、こちらのポータルにアクセスしてダウンロードしてください。

01 ARBITRUMONEネットワークを追加します

こちらのブリッジにアクセスして自動的に追加し、ページ中央の[Add / Switch toArbitrumNetwork]リンクをクリックしてください。

または、手動で追加し、メタマスク拡張機能をクリックし、「Ethereum Mainnet」ネットワークをクリックし、メニューの最後にある「Custom RPC」をクリックして、次のように入力します。

開発者の場合は、ArbitrumOneに接続する別の方法としてAlchemyまたはInfuraを使用できます。

02 ETH /トークンをブリッジする(L1→L2)

Arbitrum One(L2)を使用するには、最初にアセットをイーサリアムメインネットからArbitrumOneにブリッジする必要があります。こちらの橋をご覧ください。

1.イーサリアムメインネットネットワークに接続していることを確認します。

2.トークンのドロップダウンメニューで、ブリッジするトークンを選択します。

3.「L1」フィールドにブリッジするETH /トークンの量を入力し、「デポジット」を押します。Metamaskのプロンプトに従います。

4. Metamaskを介してトランザクションを送信した後、約10分から1時間以内に資金がArbitrum Oneに到着することが期待できます(混雑によって異なります)。

また、MetaMaskウォレットがArbitrum Oneネットワークに設定されていることを確認して、資金が到着したときに資金を確認できるようにします。

03ブラウズDAPPS

Arbitrumエコシステムには、dapp、ウォレット、ツールなどがたくさんあります。
あなたはここでそれらのほとんどの包括的なリストを閲覧することができます:Arbitrum One Portal

04 ETH /トークンを引き出す(L2-> L1)

少なくとも7日間の撤退期間があります。
ブリッジを介して資金を送金した後は、メインネットで資金を受け取るまで、少なくとも7日間待つ必要があります。

1. ArbitrumOneネットワークに接続していることを確認します

2.トークンのドロップダウンメニューで、ブリッジするトークンを選択します。

3.ブリッジするETH /トークンの量を「L2」フィールドに入力し、「撤回」を押します。Metamaskのプロンプトに従います。

少なくとも7日間の撤退期間があります。
ブリッジを介して資金を送金した後は、メインネットで資金を受け取るまで、少なくとも7日間待つ必要があります。

4.不正防止ウィンドウが閉じたら、「請求」を押すと、資金がウォレットで利用できるようになります。

潜在的なリスク

スマートコントラクトリスク

スマートコントラクト内にバグがあり、ユーザーの資金が失われる可能性は常にあります。

価格リスク

EtherまたはトークンがL1→L2またはL2→L1からブリッジされると、定期的な市場の変動により、資金の価値が変わる可能性があります。

 

ちなみに、10/22にarbitrumはトークンの制限がなくなります。

これは、プロジェクトがニーズに合ったタイプのトークンを確実に取得できるようにするためです。Arbitrumにブリッジすると、トークンはL2で2種類のコントラクトのいずれかを持つことができます。基本的なERCをサポートする標準ERC-20トークンです。 -20の機能と、L1とL2の間で転送するためのアフォーダンス、または他の機能(ガバナンス、スナップショットなど)とともに展開できるカスタムERC-20。標準ERC-20がブリッジされ、プロジェクトが後でカスタムERC-20実装を作成することを選択した場合、同じトークンの2つの異なるL2表現になります。これはセキュリティリスクではありませんが(つまり、ユーザーの資金が失われることはなく、ユーザーは引き続き資金をL1に引き出すことができます)、

そうは言っても、このホワイトリストをこれ以上長く維持したくないので、許可のないトークンブリッジをできるだけ早く利用できるようにしたいと考えています。これらの対抗する考慮事項のバランスをとるために、私たちは設計したアプローチを考え出しましたが、強力なコミュニティのフィードバックに基づいて反復することができます。今後6週間(10月22日まで)ホワイトリストを維持する予定です。その時点でそれを開き、ブリッジされていないアセットのデフォルトのブリッジは標準ERC-20になります。この追加の6週間(開発者メインネットフェーズでプロジェクトとの通信にすでに費やした月数に加えて)は、プロジェクトがカスタム機能が必要かどうかを判断し、必要なすべてのアクションも実装するのに十分な時間になると予想されますが、 、コミュニティからのフィードバックを受け付けています。

プロジェクトにカスタム実装が必要かどうかを判断するときは、ガバナンスやArbitrumでのスナップショットなどを維持することが重要かどうかを検討することが重要です。標準のERC-20契約はアップグレードできず、トークンを標準のERC-20から追加のアフォーダンスのあるトークンに移行することは、後の段階で非常に複雑な社会的調整プロセスになる可能性があり、事前に調整することが理にかなっている場合があることに注意してください。トークンをArbitrumで公開することです。

つまり、トークンにArbitrumでのカスタム契約が必要な場合、それを設定する時期は10月22日より前です。カスタムトークンの登録に関するドキュメントはこちらで、標準ERC-20についてはこちらで確認できます。また、このフォームから直接お問い合わせいただくことを強くお勧めします。

繰り返しになりますが、トークンにArbitrumでの標準実装が必要な場合、10月22日にブリッジを介して許可なくデプロイできますが、本当に長く待ちたくない場合は、同じ方法で契約できます。フォームを作成してください。その前にホワイトリストに登録できます。

現在もカスタムトークンの実装の完了に取り組んでいることを認識している多くのプロジェクトがあり、トークンブリッジングのホワイトリストを維持するか、メインネットを開くのを延期する必要がありました(誰も望んでいませんでした!!)。ガバナンスのような多くの機能が時間の経過とともにロールアップに移行するため、このプロセスの短期的な摩擦は長期的には非常に有益であると強く信じています。皆様と一緒に仕事ができることをとてもうれしく思います。トークンをArbitrumOneにブリッジすることを楽しみにしています。地方分権化のロードマップについては、まもなく投稿する予定です。

便利なブリッジ集

SOL⇄Polygon app.allbridge.io Fantom含めたサイドチェーン各種 xpollinate.io Optimism⇄Polygon app.hop.exchange

Arbitrum⇄ Optimism 対応しているっぽいですね!便利だ! 調べてみます!! cbridge.celer.network

ETHのガス代はいつ安い?

ABOUT ME
たけ
はじめまして! たけといいます。 20代男性サラリーマンが資産運用で5年で3000万をめざします。 これを読んで自分でも出来るのではないかと思ってくれる人が増えると嬉しいです。 お金を得ることは手段に過ぎません。若いうちに稼いで、自分の時間をより大切なことに使いたいです。 【2019投資戦歴】 投資資金合計 300万 2019年度単年損益(年利) FX 15万(15%) 投信 9万(7%) 株式 4万(8%) ※投信、株式は含み益